お口にかかわる疾患を総合的に診断。東銀座の歯医者・歯科・歯周病治療なら口コミ評価が高い当院へ。 スポーツ歯科-東銀座の歯医者・歯科・歯周病治療なら口コミ評価が高い銀座はけた歯科医院

03-6226-6555

【診療時間】月~金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
      土・日 10:00~13:00 / 14:00~17:00
【休診日】祝日

03-6226-6555

【診療時間】月~金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
      土・日 10:00~13:00 / 14:00~17:00
【休診日】祝日

スポーツ歯科

日本スポーツ協会公認スポーツデンティストによる監修

当院ではスポーツ歯科の診療を行っております。近年注目されているスポーツ歯科ですが、院長は日本スポーツ協会公認のスポーツデンティストであるため、より専門的に診察を行うことが可能です。

スポーツ歯科について

健康志向の高まりに伴い、スポーツ熱も高まっております。

スポーツ歯科は歯科医学の視点から、様々なスポーツを愛する方、あるいは選手の方が外傷で歯を失う、また口内に傷を負うといった影響を受けないよう予防を行いサポートしております。

当院ではその一つとして、歯や顎のケガ防止のために、お一人お一人の歯の状況を踏まえて、ゴム製のマウスガード(マウスピース)作成を行っております。ラグビーなどで良く見られますが、マウスガード(マウスピース)を上顎に着けると「衝撃を吸収する」役割が働くので、口内のケガを気にせず、安心して打ち込めるようになります。

スポーツ歯科は、歯科医療を通じあらゆる競技において安全かつ全力でスポーツに取り組むために、アスリートの口腔内をあらゆる面でサポートする診療です。

マウスガード(マウスピース)について

健康増進や体力向上を目的としてスポーツを行うのにあたり、スポーツが原因で発生する外傷や障害への予防は特に重要です。顎口腔領域への外傷によって生じる障害は、肉体的・精神的なダメージにもなり、後遺症となるのであれば深刻な状況に陥ります。特に頭頸部への衝撃(脳しんとうなど)により発生する脳神経細胞障害などは選手生命を断たれることにもなりかねません。あらゆるスポーツにおいて「安全」であることが健康につながります。顎口腔領域においてもスポーツ外傷を予防するには、マウスガード(マウスピース)と呼ばれる口腔内を保護する装置を使用することが推奨されます。

マウスガード(マウスピース)を装着することで、歯や口腔内を保護することができます。ボクシングやアメリカンフットボール、ラクロス(女子)といったスポーツで使用され、歯や顎の外傷を予防するだけでなく、頭蓋骨や脳などへの外傷も減少させる効果があります。装置は弾性があり、特にコンタクトスポーツといった激しい接触を伴うスポーツにおいてはマウスガードの装着を義務付ける、または推奨がなされています。主に下記のような役割が考えられます。

【主な役割】
・脳しんとうから身を守る
・顎関節を保護する
・顎の骨の骨折を防ぐ
・顔面や口内の粘膜を保護する
・折れやすい前歯を含む歯を外傷から守る
・パフォーマンスを向上させる
・外傷予防からくる安心感からプレーが積極的になる
など

マウスガード(マウスピース)が必要なスポーツ

マウスガード(マウスピース)の装着が義務付けられているスポーツもあります。当院で制作が可能ですのでお声がけください。

【マウスガード装着が義務付けられているスポーツ】
・ボクシング
・空手(組み手)
・キックボクシング
・総合格闘技
・アメリカンフットボール
・ラクロス
・ラクビー(13歳から19歳)
・アイスホッケー(20歳以下)
・フィールドホッケー(中学生のみ)

【マウスガード装着が推奨されているスポーツ】
・野球
・ソフトボール
・バスケットボール
・サッカー
・ハンドボール
・バレーボール
・テニス
・陸上競技(投擲、跳躍)
・レスリング
・ウェイトリフティング
・柔道
など