お口にかかわる疾患を総合的に診断。東銀座の歯医者・歯科・歯周病治療なら口コミ評価が高い当院へ。 入れ歯治療-東銀座の歯医者・歯科・歯周病治療なら口コミ評価が高い銀座はけた歯科医院

03-6226-6555

【診療時間】月~金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
      土・日 10:00~13:00 / 14:00~17:00
【休診日】祝日

03-6226-6555

【診療時間】月~金 10:00~13:00 / 14:00~19:00
      土・日 10:00~13:00 / 14:00~17:00
【休診日】祝日

入れ歯治療

日本補綴歯科学会補綴専門医による監修

むし歯などが原因で、一部あるいはすべてをなくした歯の代わりとして、もっとも一般的なのが「入れ歯(義歯)治療」です。歯のない部分に入れ歯を装着することで、咀嚼(そしゃく)機能などの歯本来の機能を取り戻します。

現在では、「入れ歯がズレてしまう」、「入れ歯があたって痛い」という入れ歯自体の問題を解決するためのものから、発声や食事を楽しめるように見た目が自然な入れ歯まで、幅広いタイプのものが開発されています。

保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯

入れ歯には、保険が適用されるものと、されないものとがあります。お口に合わない入れ歯を使っていると、ずれたり外れたりして痛みが出ることがあります。患者さん一人ひとりのお口にフィットした入れ歯を選び、快適な食生活を送りましょう。

保険診療の入れ歯

●素材

レジンのみで、選択肢はありません。

●メリット

費用が安くすみます。また、素材の性質上、修理をするのが容易です。

●デメリット

人工的な歯だとわかってしまうことがあります。厚みがあるため、食べ物の温度や味覚を感じにくくなります。口の中に異物感があり、発音がしにくくなります。

自費診療の入れ歯

●素材

セラミックや金属の他、さまざまな素材を選択することが可能です。

●メリット

ずれたり外れたりしにくく、噛み心地がいい。また、口の中での異物感がありません。 食べ物の温度や味覚を感じやすいため、食事を楽しむことができます。

●デメリット

保険が適用されないので、費用が高くなります。修理するのに時間がかかることがあります。

入れ歯の種類

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類があります。

総入れ歯

すべての歯がない場合に使用します。自分の歯が1本もないため、はじめのうちは違和感を感じることがありますが、歯科医院での定期的なメンテナンスにより次第に慣れていくことが可能です。

●レジン床

保険が適用される入れ歯です。レジンという歯科用プラスチックで歯肉に触れる部分ができています。患者さんによっては違和感がある場合があります。金属床の入れ歯よりも熱伝導率が低いので、食べ物の温度を感じづらくなることがあります。

●金属床

自費診療となります。違和感がほとんどなく、レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。薄さと強度をあわせ持ち、床などに落としてしまっても割れたりする心配がありません。また、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

部分入れ歯

部分入れ歯は、何本かの連続した歯が抜けてしまった場合に使用します。一般には、残っている歯にバネを引っかけて固定します。そのため、健康な歯に負担がかかることがあります。

●ノンメタルクラスプデンチャー

保険診療で部分入れ歯を作ると、バネや留め具などの金属があるためにどうしても見た目がよくないことが気になる患者さんがいらっしゃいます。しかし、ノンメタルクラスプデンチャーは義歯を支える部分がプラスチック製の部品を使うため、見た目がきれいなのが特徴です。義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉と同化するため、外からは入れ歯だと気づきにくいというメリットがあります。

●アタッチメント義歯

自費診療となりますが、目立ちにくくしっかりと噛むことができます。装着感もよく、ぐらつきがないのが特徴です。金属製のバネで入れ歯を支えるのではなく、精密な装置や小さな強力磁石を使用しているので、取り外しも簡単です。