治療のポイント

保護者の方とのご相談小児歯科
大人でもむし歯の治療は痛くて嫌なイメージがあります。それだけに、お子さんの治療に対するプレッシャーはとても大きなものになるので、その子に合った治療法をいくつかご提案いたします。その中で保護者の方にも納得していただける治療法で治療をしていきます。

リラックスを心がけます
歯科医に対するネガティブなイメージを持ち、治療が嫌いになってしまわないように、お子さんがリラックスできるような対応、設備の設置を心がけています。

フッ素塗布小児歯科
フッ素を塗布すると歯質が強くなり、むし歯菌の出す酸に対して乳歯が溶けにくくなります。また、小さなむし歯であれば、再石灰化により修復したり、むし歯菌を殺菌する作用もあります。むし歯予防に効果的です。

シーラント
シーラントとは、奥歯の噛みあう面にできるむし歯に対しての予防方法です。
生えたばかりの乳歯・永久歯の奥歯には深い溝があり、歯ブラシの毛先が入りづらいためどうしても食べかすが残ってしまいます。そのため細菌がたまりやすく、むし歯にもなりやすくなります。そこでむし歯になる前に、奥歯の溝の部分を薄いプラスチックで埋めるとむし歯への予防になります。

ブラッシング指導小児歯科
子供の頃から正しいブラッシングの習慣と方法を身に着けておくことは非常に重要です。 担当歯科衛生士が、歯ブラシの選び方・持ち方・動かし方など、分かり易くご指導します。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available