理事長あいさつ

理事長あいさつ

はじめまして、医療法人社団一佑会理事長、銀座はけた歯科医院開設者の羽毛田匡です。
私は大学を卒業後、歯科補綴学教室に12年間、顎関節咬合学分野に7年間在籍して臨床、教育、研究に従事してきました。

歯科医療にはさまざまな分野があり、お口のさまざまなトラブルの解決に取り組んでいます。そのなかでも私が補綴分野(被せ物や入れ歯が専門の分野)を選んだのは、人間の活動の中でも「もの食べる、ものを噛む」という機能が非常に重要なものであり、こうした機能を回復させる補綴治療に大きな意義を感じたからです。

歯が欠けてしまった、あるいは抜けてしまったときの不自由さ、見た目の悪さを想像してみて下さい。歯が1本欠けただけで、ものがうまく噛めなかったり、うまくしゃべれなかったりします。あるいはずいぶん見た目が悪くなってしまうものです。補綴治療は、こうしたお口の機能不全を治し、見た目までも回復させるものなのです。

理事長あいさつ私は大学病院の補綴科、顎関節治療部という専門診療部門においては、補綴治療で数千名の方を、また顎関節症治療では約三千名の方をこれまでに治療してきました。なかには困難な臨床的局面を数多く経験することもありましたが、先達からの多くの教えを糧にして進んでまいりました。

これからも自身の臨床経験と先人によるエビデンスを基にして、自分の歯をできるだけ残す、堅実な治療を安心の治療費で、美しく精緻でよく噛める歯科医療を実践し、みなさまのお口の健康とその維持に貢献できるよう邁進していきます。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available