当院の主なメニュー

審美歯科で用いる素材には、いくつかの種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、患者さんのご要望や口腔内環境に合わせて最適なものをご提案させていただきます。

ジルコニアジルコニア
人工ダイヤとして知られるジルコニアは腐食に強く、生体ともよく馴染むことから医療分野で広く使われている素材です。審美歯科では、陶器のように焼き固めた歯科用セラミックで仕上げます。内面まで白く、自然で美しい歯を作ることができます。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配がありません。

●メリット
・色が天然歯に似ているので、見た目がよい
・マスキング効果にすぐれているため、土台となる金属が透けて見えない
・割れにくく、ほとんどの部位に使うことができる
・金属を使用しないので、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの心配がない

●デメリット
・色調はオールセラミッククラウンより劣る
・歯を削る量が、比較的多い
・天然歯よりも硬いので、かみ合う歯や周囲の歯を傷めることがある
・長期的予後については、はっきりと分かっていない
・自費診療となるので、値段が高い

オールセラミックオールセラミック
歯科治療で使われる素材の中で、最も人間の身体に優しいのがセラミックです。セラミックが人間の歯と色調が近いことから、自然な仕上がりが良いと評判です。オールセラミックは、被せ物や詰め物がすべてセラミックで構成されており、美しさが特徴です。歯が本来持っている自然な透明感を再現するため、ほぼ天然歯と変わりません。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。また、茶渋やタバコのヤニなどの着色汚れも付着しにくいので、いつまでもきれいな歯を維持することができます。

●メリット
・非常に見た目がよく、ほとんど変色しない
・汚れ(プラーク)が付着しにくい
・金属を使用しないので、金属の溶けだしによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる心配がない

●デメリット
・強い衝撃で割れることがある
・歯を削る量が比較的多い
・天然の歯よりも硬いため、かみ合う歯や周囲の歯を傷めることがある
・長期的予後については、まだはっきり分かっていない
・自費診療となるので、値段が高い

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
プラスチックにセラミックを混ぜて硬い素材にした歯科用樹脂です。金属を使用しないので金属アレルギーの方も安心して使用できます。外見は本物の歯と変わらないほど美しいのが特徴です。

●メリット
・色が天然歯に近いので、見た目がよい
・硬すぎないので、かみ合う歯や周囲の歯を傷めることがない
・金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーの心配がない

●デメリット
・色調はオールセラミックよりも劣る
・時間が経つと変色することがある
・割れることがあるので、かみ合わせの状態によっては使用できないことがある
・長期的予後については、まだはっきり分かっていない
・自費診療となるので、値段が高い

メタルボンドメタルボンド
むし歯を治療した後に、薄い金属にセラミックを焼きつけた被せ物を取りつける治療です。金属補強をしているので、つなげてブリッジに使うことも可能です。長く使われているものなので、信頼性が高いというメリットがあります。

●メリット
・色が歯に似ているので、見た目がよい
・中身が金属なので、割れにくくほとんどの部位に使用できる
・中身の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性が低い

●デメリット
・中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーを引き起こす可能性がある
・色調はオールセラミックに劣る
・裏側からは金属が見える
・自費診療となるので、値段が高い

ラミネートベニアラミネートベニア
つけ爪のような薄片(セラミックもしくはハイブリッドセラミック)を薄く削った歯の表面に貼り付けることで、歯を綺麗にみせる治療です。主に、歯の色を白くし、歯と歯の隙間を解消させる目的でされる治療ですが、同一目的のセラミッククラウンに比べてメリットが多くあります。

●セラミッククラウンと比較したラミネートベニアのメリット
・歯を削る量が少なくてすむ
・治療回数も少ないため治療期間が短く、治療費が安くすむ
・ホワイトニングでは満足できなかった方にも効果が期待できる(直接、白い薄片を歯に貼り付けるため、歯が明るい印象になる)
・歯と歯の隙間を隠すことができる

●デメリット
・むし歯などの理由で歯自体の3分の1〜2分の1以上が失われている場合は使えない
・健康な歯を削る必要がある
・歯を薄く削る程度なので、歯の形を大きく変えることはできない
・ホワイトニングに比べて値段が高い

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available