親知らずについて

親知らず永久歯が生えそろった後に、お口のいちばん奥に生えてくるのが「親知らず」です。現代人の顎は小さくなってきているため、親知らずは真っ直ぐ生えてくることが少なく、横を向いて生えてきたり、斜めに生えてきたり、あるいは歯ぐきに埋まったままだったりします。

親知らずは抜いた方がいいの?
正常に生えていない親知らずは、そのままにしておくと炎症を起こして痛みを招いたり、隣の歯を押し倒して歯列を乱したり、親知らず周辺の汚れを除去しにくくするためにむし歯や歯周病を招くといったトラブルの原因となります。このような親知らずは抜歯をする必要があります。ただし、まれに正常に生えてくる親知らずもあるので、その場合には抜く必要はありません。

当院では、抜歯が必要かどうかを適切な診断を行ってから治療を行います。また、難症例である場合には大学病院との連携ができているので、そちらに紹介させていただいています。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available