保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯

入れ歯治療入れ歯には、保険が適用されるものと、されないものとがあります。お口に合わない入れ歯を使っていると、ずれたり外れたりして痛みが出ることがあります。患者さん一人ひとりのお口にフィットした入れ歯を選び、快適な食生活を送りましょう。

保険診療の入れ歯
●素材
レジンのみで、選択肢はありません。

●メリット
費用が安くすみます。また、素材の性質上、修理をするのが容易です。

●デメリット
人工的な歯だとわかってしまうことがあります。厚みがあるため、食べ物の温度や味覚を感じにくくなります。口の中に異物感があり、発音がしにくくなります。

自費診療の入れ歯
●素材
セラミックや金属の他、さまざまな素材を選択することが可能です。

●メリット
ずれたり外れたりしにくく、噛み心地がいい。また、口の中での異物感がありません。
食べ物の温度や味覚を感じやすいため、食事を楽しむことができます。

●デメリット
保険が適用されないので、費用が高くなります。修理するのに時間がかかることがあります。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available