入れ歯の種類

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」の2種類があります。

総入れ歯
すべての歯がない場合に使用します。自分の歯が1本もないため、はじめのうちは違和感を感じることがありますが、歯科医院での定期的なメンテナンスにより次第に慣れていくことが可能です。

●レジン床レジン床
保険が適用される入れ歯です。レジンという歯科用プラスチックで歯肉に触れる部分ができています。患者さんによっては違和感がある場合があります。金属床の入れ歯よりも熱伝導率が低いので、食べ物の温度を感じづらくなることがあります。

●金属床金属床
自費診療となります。違和感がほとんどなく、レジンよりも薄い金属製の素材で歯肉に触れる部分ができています。薄さと強度をあわせ持ち、床などに落としてしまっても割れたりする心配がありません。また、熱伝導率が高いので、食べ物の温度が感じやすく美味しく食事を摂ることができます。

部分入れ歯
部分入れ歯は、何本かの連続した歯が抜けてしまった場合に使用します。一般には、残っている歯にバネを引っかけて固定します。そのため、健康な歯に負担がかかることがあります。

●ノンメタルクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
保険診療で部分入れ歯を作ると、バネや留め具などの金属があるためにどうしても見た目がよくないことが気になる患者さんがいらっしゃいます。しかし、ノンメタルクラスプデンチャーは義歯を支える部分がプラスチック製の部品を使うため、見た目がきれいなのが特徴です。義歯床という義歯の支えとなる部分が歯肉と同化するため、外からは入れ歯だと気づきにくいというメリットがあります。

●アタッチメント義歯アタッチメント義歯
自費診療となりますが、目立ちにくくしっかりと噛むことができます。装着感もよく、ぐらつきがないのが特徴です。金属製のバネで入れ歯を支えるのではなく、精密な装置や小さな強力磁石を使用しているので、取り外しも簡単です。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available