歯周病の進行度合いと治療について

【STEP 1】軽度歯周病歯周病の進行
歯と歯の間や歯と歯肉の境目にプラーク(歯垢)がたまると、細菌が繁殖した状態になります。それが原因となって歯肉が炎症を起こし、腫れや出血が見られるようになります。この段階であれば、ブラッシング指導やクリーニングを数回行うことで、比較的短期間で回復することができます。

【STEP 2】中等度歯周病歯周病の進行
口臭や歯肉からの出血がひどく、歯石の付着も目立っている状態です。骨の後退が次第にはじまると歯周ポケットも深くなり、歯がぐらついてくるようになります。この段階になると、歯周ポケットの内側に付着した歯石を取る必要があります。痛みがある場合には麻酔をしてから施術をします。数回に分けて歯石を除去し、歯肉の状態を改善させてから再検査をします。歯周ポケットの深さが4㎜以上になると、歯周外科が適応になる場合があります。

【STEP 3】重度歯周病歯周病の進行
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ上がり、骨の破壊もかなり進んでいる状態です。歯が大きくぐらつきます。重症になると歯周外科の対応となります。歯の保存が難しい場合には、抜歯をすることもあります。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available