むし歯の進行と治療法

Co(ごく初期のむし歯)Co
まだ穴が開いたり黒くなったりしている状態ではありませんが、歯質が溶けはじめている状態です。この段階であれば、フッ素入りの歯みがき剤を使ってしっかりブラッシングすることで、歯を削ることなく歯質を強くし、むし歯の進行を抑えることが可能です。

C1(エナメル質う蝕)C1
歯の表面を覆っているエナメル質が溶けて小さな穴が開いた状態です。この段階では痛みを感じることはありませんが、むし歯の進行が早くなるので治療が必要になります。治療では、保険適用内の白い詰め物をして完了します。放置しているとどんどんむし歯が進行するので、定期検診による早期発見と、異変に気づいたらすぐに受診することをおすすめします。

C2(象牙質う蝕)C2
エナメル質が溶けてしまい、下層にある象牙質までむし歯が達している状態です。象牙質が露出するために、冷たい飲み物や甘いものがしみることがあります。治療をするときには麻酔が必要になります。まだむし歯が小さな場合には、保険適用内の白い詰め物をします。しかし、表面的には小さく見えても内部で大きく広がっている場合には、むし歯を取り除いて型取りをして詰め物を入れます。詰め物の種類は、保険適用内であれば金銀パラジウム合金などになります。

C3(神経まで達したう蝕)C3
むし歯が神経まで達している状態です。激しい痛みがあります。神経が壊死してしまうと、根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。治療には、麻酔をして神経を取り除き、根の中をきれいにする根管治療を行います。

C4(残根状態)C4
歯が崩壊してしまい、ほとんど残っておらず根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っている場合には根管治療をして被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないこともあります。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available