歯を残すための治療

神経にまでむし歯が達してしまった場合の根管治療や、歯周病で歯がグラグラしている場合の治療でも、可能なかぎり歯を抜かずに残す方向で治療を行っております。

残すことが難しかった歯も残せます歯を残すための治療
むし歯の場合、軽度であればむし歯になっている部分を削り、詰め物を入れることで症状が改善されます。しかし、むし歯が神経にまで達して炎症が起きてしまった場合には、麻酔をしたうえで大きく歯を削り、むし歯菌に侵された部分を完全に除去しなければ抜歯するしかなくなります。

こうした状態になった歯を抜かずに残すために行うのが根管治療です。当院では、たしかな技術で根管治療を行い、他院では抜くしかないと言われた歯も、できるだけ残す方策を考えていきます。

「根管治療」へ

グラグラになった歯も再生できます歯を残すための治療
歯周病が進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまい、支えを失った歯はグラグラになってしまいます。ここまでになると、従来の治療では抜歯しかないとされてきました。

しかし歯周病治療の進歩により、失われた歯槽骨を再生することが可能になりました。「歯周組織再生療法」と呼ばれるもので、その1つが「エムドゲイン」です。歯や歯を支えている骨の再生に必要なタンパク質からなる「エムドゲイン」という物質を使って、歯周病によって失われた歯槽骨を再生させるのです。

当院では「エムドゲイン」の他にも、メンブレンという特殊な人工膜を使った「組織誘導再生療法」や、骨補填剤を使った治療も行っております。

「歯周病治療」へ

歯の根(歯根)にヒビ(亀裂)が入った、割れて(破折して)しまった歯
歯根破折は神経治療を施してある歯に生じやすい病態です。亀裂や破折の状況によりますが、歯を残してできるだけ使うことを試みることがあります。その方法は、歯の内部から接着する、歯根の外面から亀裂部を封鎖する、破折片を取り除いて主要な歯根を利用するなどで、高度な技術を駆使します。

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available