被せ物による補綴治療

被せ物による補綴治療大きなむし歯に侵されたために神経を除去する治療をすると、歯の形を回復する必要があります。これが被せ物(クラウン、歯冠補綴)を装着する治療となります。多くの場合、失われた歯を再建するためには、神経の通っていた管に心棒(コア)を築いて土台を作ります。このコアの上にクラウンを装着します。

歯を抜いたあとの空隙(欠損部分)を補うために両脇にある歯を削ってブリッジを入れる治療もあります。この場合、脇にある歯が健康な歯であっても大きく削って被せ物を入れることになります。

「審美歯科」へ
「インプラント治療」へ

まずはお気軽にご相談ください

★altを入れてください★ 当院までのアクセス メールでのお問い合わせ

English available